1. HOME
  2. ブログ
  3. 詩の展示

詩の展示

夜の美術館は静謐が漂います。

みなとみらいにある横浜美術館へ行ってきました。

目的は2019.2.23土-3.24日に行われている

「氷になる直前の、氷点下の水は、蝶になる直前の、さなぎの中は、詩になる直前の、横浜美術館は。 最果タヒ 詩の展示」です。

最果タヒは1986年生まれの詩人、小説家です。2006年現代詩手帖賞、2007年中原中也賞、2014年現代詩花椿賞を受賞しています。

本展は美術館での初の個展のようです。私たちの日常を揺さぶる言葉を、空間を利用して多種多様に表現している展示に圧倒されました。

言葉は情報を伝えるためだけの道具ではないということを知った夜です。

お月さまが綺麗でした。

夜の美術館はひとりがおすすめ。

関連記事