1. HOME
  2. これまでの読書会
  3. 第15(8/14)ノンフィクション横浜読書会

REPORT

これまでの読書会

第15(8/14)ノンフィクション横浜読書会

8月も後半とはいえ蒸し暑い日々が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。暑さに負けず、コロナにも負けず…ノンフィクション読書会は第15回オンラインにて開催致しました。
今回のテーマは“脳”。まだまだ未知数の多い“脳”に対し、今宵も参加者方がリスペクトする知的好奇心を唆る書籍が多数紹介されました。
さて、そんな脳の旅路へ!早速ご案内させて頂きます。

【ご紹介いただいた本】

奇跡の脳(お二人の方からのオススメ!)
脳卒中に襲われた女性脳科学者の体験記。壊れた脳の再生と気づきがリアルに書かれている。

記憶する体
テーマは「体の記憶」12人の方々にインタビューをし、身体について深く考察されている。

脳の右側で描け
ある対象を逆さまにすると…脳の認識を使った上手に絵が描ける美術的な本。

脳科学は人格を変えられるのか
具体的な動物実験等を示しながら、脳の働きが生まれるメカニズムが緻密に書かれている。

私はすでに死んでいるーゆがんだ〈自己〉を生み出す脳
様々な神経疾患の症例を元に不思議な病と自己意識に迫る。

ど忘れ書道
映像は浮かぶけど言葉が出てこない。人なら誰しも経験してる「ど忘れ」のボキャブラ記録。

ぼくは物覚えが悪い:健忘症患者HMの生涯

健忘症患者HM氏を長年研究した脳神経学の記述書。研究対象者としてではなく人間として彼を見つめているのが特徴。

神々の沈黙
3000年前の人間の「意識」誕生にまつわる壮大なストーリー。

右脳思考
右脳の重要性、使い方、鍛え方右脳の全てが詰まっている!

一人ひとりが考える脳味噌が集結すると、様々な角度から面白さが広がり、会話もいろいろな方向へ流れていきます。その過程や時折飛び出すハッとなる意見が楽しくも刺激のある濃密な一時となりました。
懇親会も、和やかさと緩やかな空気感が絶妙な雰囲気を作り、リラックスな飲み会となりました。時折、何気ない質問から繰り出される皆様の意見には、本質が隠されており、お互いの理解が深まる時間となりました。

ご参加された皆様、本当にどうも有難うございました。

また、皆様にお会い出来ますことを心よりお待ちしております。

【投稿者】SHIMO

REPORT

これまでの読書会