第47回(12/2)朝の横浜読書会

このエントリーをはてなブックマークに追加

■参加者11名(男性6名、女性5名) 初参加は2名でした。

今年もついに最終月となりました12月の本日、横浜駅近くのカフェにて、第47回目となる朝の読書会が開催されました!

課題の本やジャンルの指定など一切なく、お気に入りの本を自由に持ち寄って発表する朝の横浜読書会。

今回、参加者の皆様が紹介下さったのは、フィクションとそれ以外の本がだいたい半々の割合くらいだったでしょうか?朝の読書会はどんな本でもOKですので、小説はもちろん、写真集やマンガ、詩集でも歴史書でもなんでも大丈夫です!お気に入りの本の魅力を大いに語ったり、他の参加者の方の紹介本を手に取ってみたくなったりと、読書の楽しみも広がること請け合いです!

さて、今年最後の朝の読書会ということもあり、読書会のはじめに、今年中にみつけた新発見について簡単に皆様に話していただきました。海釣りを楽しまれているという方や、抹茶を始められた方(アイス抹茶が美味しいそうです)、苦手な仕事がうまくいくようになった方や口紅が意外と似合うことを発見されたという方(←男性の方です)まで、様々な楽しいお話しをありがとうございました!

皆様が紹介くださった本は、茶道についてのエッセイ、ドラマ化された小説や、睡眠の科学についての本など、今回も多岐なジャンルにわたったセレクションとなりました。たまたま二人の方が米原万里さんの著書を選ばれていたり、また、シリーズ物の小説を、重さに負けずに全冊持ってきていただいた方もおられました。ありがとうございます!横浜の18区それぞれの土地神が戦うという小説のご紹介では、地元が舞台となっているだけに大いに盛り上がりました!

ご参加下さった皆様、ありがとうございました。

それでは、朝の読書会、スタートです!

【ご紹介の本】

IMG_0229

※OKAさん、ありがとうございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です