第43回(8/5)朝の横浜読書会

このエントリーをはてなブックマークに追加

■参加者11名(男性7名、女性4名)初参加は1名でした。

ついに8月に突入し、いよいよ夏らしい暑さになってきた日曜日、横浜駅近くのカフェにて、第43回目となる朝の読書会が熱く開催されました!

課題の本やジャンルの指定など一切なく、お気に入りの本を自由に持ち寄って発表する朝の横浜読書会。

今回は初参加の方は1名でした。

さて、今回はちょっと変わった趣向として、横浜読書会オリジナルの栞をみなさんにお配りしてみました。

この朝の読書会は、どんなジャンルの本でも自由に持ち寄ってご紹介いただく形式です。何度も読み返したせいでカバーがなくなってしまったようなお気に入り本を持って来られた方もあれば、面白かった本を何冊もご紹介くださる方もあったりと、皆さま選りすぐりのお気に入り本をご紹介されるので、それぞれの本の紹介にも自然と熱が入り、どの本もとても面白そうで全部読んでみたくなってしまいます!

読んでみたい本がどんどん増えるのは楽しいですが、一方で積読本がさらに増えてしまいそうでもあり、嬉しい悩みといったところでしょうか?

今回ご紹介いただいた本にも、哲学者の波乱万丈の生涯を描いた自伝や、スポーツとメディアとの係わりについての本や、昭和の子供の遊びの本など、この読書会に参加しなければ存在も知らなかったような面白そうな本をたくさんご紹介いただき、本の世界の広さ、深さを感じる読書会となりました。

暑い中をご参加下さった皆様、ありがとうございました。

開催場所に使わせていただいているカフェのスタッフの皆様も、BGMの音量を少し小さくして下さったりと、いつもご配慮ありがとうございます!

それでは、朝の読書会、スタートです!

【ご紹介の本】

IMG_3578

※OKAさん、感想をありがとうございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です