緊急企画!(10/18)小谷さんと読書会

このエントリーをはてなブックマークに追加

「小谷さんをお呼びして横浜読書会」緊急開催です。

 

小谷さんはなんと!2時間の大遅刻でした。

クロージング間際に登場です。(笑)

 

次の予定も入っているとのことで、簡単な挨拶のあと飲んで食べてあっという間にお時間となり、30分程度でお別れをしました。読書会のミッションを果たしたかというと微妙な感じです。参加者の方にはひたすら謝るしかないです、ごめんなさい。そんな僅かな時間でしたが小谷さんにお会いできて本当に良かった!得たものは大きかったと思います。

86efa2919905dc279c40f54bdc66c0ea

皆さんは小谷さんをご存知ですか?

小谷さんは一日50円で労働力を売り、泊めてくれる方の家を泊まり歩く住所不定の謎だらけの人間で、お金と時間に縛られない自由な生活をしている元芸人さんです。「草食系・男はつらいよ」現代バージョンのイメージでしょうか。

 

経緯の詳細は自伝書『笑うホームレス』に書いてあると言うのでその場で本を購入しました。芸人という肩書を捨ててホームレスとなり、50円の依頼がきっかけでかわいい嫁をもらったり、突然フィリピンのボランティア活動に参加する等々、ひたすらあり得ないエピソードが綴られています。巻末には「ゴーストライター:西野亮廣」とはっきり記述されているところも、期待を裏切らない感じで笑えます。

img_2528

 

SNSを利用してたくさんの人と出会い、つながりを糧に暮らす小谷さんのコミュニケーション能力は、秀でた才能としか言いようがないです。依頼主との待ち合わせの遅刻など日常のようで(笑)人気商売なのに評判が落ちないというのは彼のお人柄のなせる業。この生活を3年間続けていられる小谷さんはコミュニケーションの天才だと思います。

 

最後に最寄りの駅までご一緒したのですが、歩き始めたら突然!頭の回転が速くなってオーラが出てきました。キャラクターが際立ち、会話がいちいち面白いという、キュートなゼンマイ仕掛けのお人形のようでかわいらしかったです。

1a136cb336a403a3ce3adbcdf955f487

「なんやこの店、オサレやな。えー、骨壺売っとるらしいわ~。」

「いやいや、骨董ですから。」

「あれー?ほんまや。」

 

そんなたわいもない会話を重ねながら、横浜の夜を去っていった小谷さん。きっとまたどこかでお会いすることがあるかと思います。その際はおもろいトークを期待していますね。ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です